NURO光

NURO光提供エリアについて

現在、NURO光の提供エリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県です(一部エリアを除く)。

茨城県 古河市でNURO光が使えるかサポートデスクに電話してみた

サポートデスクの担当者によると、NURO光の公式サイトにアクセスして、郵便番号で検索すると結果が即座に表示されるそうです。

また、サービスエリアは年々拡大しているため、公式サイトでは具体的な提供エリアは表示しておらず、 茨城県 古河市でNURO光が使用できるかどうか確認したい方は、郵便番号で検索する必要があります。

公式サイトはこちら

茨城県 古河市がサービス提供エリアだった場合

次のように表示されますので、お申込みいただけばNURO光の快適インターネットライフを満喫できます。

NURO光サービス提供中

茨城県 古河市がサービス提供エリア外だった場合

次のように表示されますので、フレッツ光など別の光回線サービスを利用しましょう。

NURO光サービス提供エリア外

NURO光の特徴

NURO光の特徴としては、伝送規格としてGPONを採用しWAN側から光回線終端装置へ上り2Gbpsで提供していることです。 GPON(ジーポン、もしくはギガビットポンと呼びます)は聞きなれない用語ですが、光ファイバーを用いた公衆回線網で1Gbpsの通信速度を実現する方式の一つです。 他の光回線サービスと比べても通信速度が高速になるため、オンラインゲームや動画視聴、または宅内で複数ユーザーがネット接続をするときに快適な通信環境となります。 通信インフラにはNTT東日本の光ファイバー設備を使用しています。2015年6月1日世界初の個人向け10Gbpsサービスを開始したことも非常に注目を集めています。

茨城県 古河市の特徴

「古河」は、古く「許我」と表記され、『万葉集』に当時の情景が二首詠まれている。すでに奈良時代から渡良瀬川の渡し場として賑わっていたことが伺える。 平安時代には、9世紀初め~10世紀における東日本最大級の“製鉄所”(川戸台遺跡)があった。9世紀後半の「半地下式平窯」(江口長沖窯跡)も発見されており、製鉄や窯業の生産拠点でもあった。 室町時代後期から戦国時代にかけて古河公方の本拠地、江戸時代には古河城の城下町、日光街道の宿場町・古河宿が盛えた。 古河藩領は下総国・下野国・武蔵国に跨り、市域も下総国、千葉県を経て茨城県に編入された経緯があることから、旧常陸国、水戸街道が中心となって形成された近代以降の茨城県の県史としては傍流的な位置づけになる。