NURO光

NURO光提供エリアについて

現在、NURO光の提供エリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県です(一部エリアを除く)。

茨城県 土浦市でNURO光が使えるかサポートデスクに電話してみた

サポートデスクの担当者によると、NURO光の公式サイトにアクセスして、郵便番号で検索すると結果が即座に表示されるそうです。

また、サービスエリアは年々拡大しているため、公式サイトでは具体的な提供エリアは表示しておらず、 茨城県 土浦市でNURO光が使用できるかどうか確認したい方は、郵便番号で検索する必要があります。

公式サイトはこちら

茨城県 土浦市がサービス提供エリアだった場合

次のように表示されますので、お申込みいただけばNURO光の快適インターネットライフを満喫できます。

NURO光サービス提供中

茨城県 土浦市がサービス提供エリア外だった場合

次のように表示されますので、フレッツ光など別の光回線サービスを利用しましょう。

NURO光サービス提供エリア外

NURO光の特徴

NURO光の特徴としては、伝送規格としてGPONを採用しWAN側から光回線終端装置へ上り2Gbpsで提供していることです。 GPON(ジーポン、もしくはギガビットポンと呼びます)は聞きなれない用語ですが、光ファイバーを用いた公衆回線網で1Gbpsの通信速度を実現する方式の一つです。 他の光回線サービスと比べても通信速度が高速になるため、オンラインゲームや動画視聴、または宅内で複数ユーザーがネット接続をするときに快適な通信環境となります。 通信インフラにはNTT東日本の光ファイバー設備を使用しています。2015年6月1日世界初の個人向け10Gbpsサービスを開始したことも非常に注目を集めています。

茨城県 土浦市の特徴

茨城県発足から1980年代まで茨城県南地域の行政・経済及び周辺地域の交通の要衝としての役割を担っていた[要出典]。1918年(大正7年)の筑波鉄道(旧・関東鉄道筑波線、1987年廃止)の開通、東隣の稲敷郡阿見村(現:阿見町)に1929年(昭和4年)に海軍航空隊が設置されたことなどによって交通の要衝となり、料亭や遊郭その他休養施設が多かったこともあって、終戦に至るまで海軍の町でもあった。戦後は、土浦駅西口(市中心部)に小網屋(1999年閉店)、京成百貨店(1989年閉店)、丸井(2003年閉店)などの百貨店が立地し、商業都市としての役割を担っていた[要出典]。 土浦駅前のバスターミナルは地域の中で最も多数のバス発着起点であったが、1970年代からの新治郡・筑波郡・稲敷郡の各一部(現:つくば市)における筑波研究学園都市の開発、1990年代以降のモータリゼーションの発達や規制緩和の影響による郊外型店舗増加により、駅周辺の大型商業施設はペルチ土浦(駅ビル)を残すのみとなるなど、中心市街地の求心力は低下した[要出典]。しかし、現在も行政機関が集積されているほか、周辺市町村より多く高等学校が立地する[要出典]。 市内では、日本三大花火の一つである土浦全国花火競技大会が毎年10月に開催される。また、レンコンが特産品であることと、海軍に縁があり飛行船「ツェッペリン伯号」が飛来した際にカレーを振舞ったことから、レンコンを入れたカレーで町おこしを行っている。[1]