NURO光

NURO光提供エリアについて

現在、NURO光の提供エリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県です(一部エリアを除く)。

茨城県 日立市でNURO光が使えるかサポートデスクに電話してみた

サポートデスクの担当者によると、NURO光の公式サイトにアクセスして、郵便番号で検索すると結果が即座に表示されるそうです。

また、サービスエリアは年々拡大しているため、公式サイトでは具体的な提供エリアは表示しておらず、 茨城県 日立市でNURO光が使用できるかどうか確認したい方は、郵便番号で検索する必要があります。

公式サイトはこちら

茨城県 日立市がサービス提供エリアだった場合

次のように表示されますので、お申込みいただけばNURO光の快適インターネットライフを満喫できます。

NURO光サービス提供中

茨城県 日立市がサービス提供エリア外だった場合

次のように表示されますので、フレッツ光など別の光回線サービスを利用しましょう。

NURO光サービス提供エリア外

NURO光の特徴

NURO光の特徴としては、伝送規格としてGPONを採用しWAN側から光回線終端装置へ上り2Gbpsで提供していることです。 GPON(ジーポン、もしくはギガビットポンと呼びます)は聞きなれない用語ですが、光ファイバーを用いた公衆回線網で1Gbpsの通信速度を実現する方式の一つです。 他の光回線サービスと比べても通信速度が高速になるため、オンラインゲームや動画視聴、または宅内で複数ユーザーがネット接続をするときに快適な通信環境となります。 通信インフラにはNTT東日本の光ファイバー設備を使用しています。2015年6月1日世界初の個人向け10Gbpsサービスを開始したことも非常に注目を集めています。

茨城県 日立市の特徴

日立鉱山から発展した鉱工業都市である[1]。1905年(明治38年)、江戸時代から採掘されていた日立村の赤沢銅山を久原房之助が買収し、村名にちなんで日立鉱山に改名、久原鉱業所(現在のJX金属)を創業して以来の企業城下町として、後年はその機械部門が分離・独立した日立製作所・日立グループの企業城下町となるが、現在の日立グループの本拠は東京に所在している。他に、日立市と同様に鉱山町から企業城下町になった地域としては、新居浜市(別子銅山→住友グループ)が代表的である。 7世紀の国造の時代から、現日立市の中心部は助川(すけがわ)という地名だったが、1939年(昭和14年)9月1日に助川町が日立鉱山を擁する日立町と新設合併して市制を敷く際に日立市となった。1939年以後、都市名と企業名の混同を避けるために、日立市民は都市名を『日立(ひたち)』と呼び、日立製作所を『日製(にっせい)』と呼んで区別している[2](日製の略称はかつての日製商事=現在の日立ハイテクノロジーズなど、日立グループでも用いられる)。